不動産の売却相談 スマイリーフ不動産

お問い合わせ
会社概要
無料査定
よくある質問
お知らせ
不動産売却の基礎知識

不動産売却の基礎知識17 不動産住み替えで重視すべきポイントとは?

今回のテーマは「不動産住み替えで重視すべきポイント」についてです。

「夢のマイホーム」として不動産を買われる方は多くいらっしゃいます。

その一方で、転勤や家族構成の変化によって、どうしても住み替えをしなくてはならないこともあります。

一部の潤沢な資金をお持ちの方をのぞいて、住み替えの際に行われるのが「購入」と「売却」です。

当然のことながら、新しい不動産を購入するのに先立って、それなりの資金が必要になります。

そして、その資金は住む必要のなくなった自宅を売却することによって、資金を捻出するというわけです。

さて、ここで重要になってくるのが、購入と売却のタイミングです。

何故なら、購入と売却のいずれかのタイミングが早かったり、遅くなったりすると、それだけ無駄な出費が発生してしまうからです。

無駄な出費とは、仮住まいの費用など本来であれば払う必要のない費用のことです。

では、売主様にとっての理想の展開とは何でしょうか。

ひとつは「同時決済」です。

つまり購入と売却が同じタイミングになるのが理想です。

同時決済であれば、住み替えまでの間に賃貸物件に住む必要もありません。

また、売却を見込んで購入をしようとしたものの、売却ができずに違約金を支払うという最悪の事態を避けることができます。

同時決済には、他にもメリットがあります。

それは買い替えのローンを利用できる点です。

買い替えのローンとは、ローンに残額がある場合に売却益で足らなくても、新居の購入分と不足分と合わせて借りられる便利なローンのことです。

このように、同時決済のケースであれば、住み替えがスムーズにいきます。

とは言え、現実的にはなかなか計画通りに進まないものです。

では、住み替えの計画をどのように立てていけばいいのでしょうか。

結論を言うと「売却を優先した計画を立てる」ことです。

なぜかと言うと「売却」を優先したほうが、購入時の資金が足らないという最悪の事態を避けることができるからです。

もし不動産を焦って購入したにもかかわらず、自宅の売却が計画通りに進まないとしたらどうでしょうか。

以下のようなことが考えられます。

・資金が至急必要になるため、焦って自宅を安く手放してしまう可能性

・売却活動をしたものの、売却できず、高額な違約金を支払う可能性

上記はまさに住み替えの失敗例ともいえるもので、極力避けたいものです。

 

そこで、売却を優先することで、結果的にある程度満足の行く形で売却をすることができます。

本日は以上です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

  1. 不動産売却の基礎知識18 不動産の住み替えの手順と費用

  2. 不動産売却の基礎知識17 不動産住み替えで重視すべきポイントとは?

  3. 不動産売却の基礎知識16 土地を売るなら相続前?相続後?

PAGE TOP